シアリス アルコール

シアリスとアルコールの関係を知る

近年ED(勃起不全)に悩む男性は増えていると言われています。

このED(勃起不全)というのは、性交時に十分な勃起やその維持できず、満足な性交が行えない状態のこと。

原因は年齢、運動不足、ストレス、不規則な生活、喫煙、飲酒、病気などが挙げられます。

EDの原因にも挙げられるように、アルコールの摂取は、EDの原因になります。適度な量のお酒であれば、ストレスを解消したり、リラックス効果がありますが、大量のアルコール摂取は避けるようにしましょう。

現在ED治療薬には、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3つがあります。

これらのED治療薬には、EDの症状改善に高い効果を発揮してくれますが、大量のアルコールを摂取してしまうと、その効果が弱まってしまう事があるので、極力アルコールとの併用は避けるようにしましょう。

どうしても緊張してしまうので、アルコールに頼りたいという方は、バイアグラよりも、レビトラやシアリスがアルコールの影響を受けにくいのでお勧めです。特にシアリスは、食事やアルコールの影響を受けにくく、唯一食前の服用が可能なED治療薬です。

また、効果作用時間も最長36時間という長時間となるため、プレッシャーを感じにくく、特にストレスなどの心理的な要因でEDに悩んでいる方にお勧めの治療薬です。

シアリスは、クリニックで購入することができます。

現在多くの病院では薬代のみの負担で購入することができますが、保険適用外となるので、お値段は1錠/20mgで2000円と高めになります。

負担が大きすぎるという方には、インターネットでの個人輸入がお勧めですが、偽物も多く流通しているので、注意が必要です。

日本の会社であることや、写真がきちんと載っているか、20mg以上の商品ではないか(シアリスは20mgまでしか販売されていませんが、50mgなどの偽物も多く流通しています。)など自分自身で見極めなければいけないので、リスクが大きいと言えます。

クリニックでは、医師の診察があるので安心です。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<