薬 肝臓

薬と肝臓との関係について

薬を服用するとその多くは肝臓で代謝されます。

これは肝臓の主な働きの一つで、この代謝の過程において、肝臓が障害を受けてしまう事があります。

それが、薬物性肝障害と呼ばれるものです。

薬物性肝障害は、中毒性肝障害と薬物アレルギー性肝炎に分けられます。

多くはアレルギー性のもので、特定の薬に対して症状が出ます。

自分の身体にはない遺物と認識された時に反応が起こるため、少量でも、以前に服用した薬であっても、何かのきっかけで突然アレルギー反応を起こすことがあります。

一方中毒性肝障害は薬物そのものが肝臓にとって毒になります。

これは一定の量よりも多ければ必ず肝障害をきたすものです。市販の解熱消炎鎮痛薬や抗がん剤、漢方薬が原因の場合が多いです。

しかし、中毒性肝障害の原因の多くは、肝臓の代謝能力を上回る量の薬物を服用することで起こります。

自殺目的の服薬や、日本で未承認のやせ薬、ハーブを含む自然食品が原因になることが知られています。

これらの肝障害は、軽度の場合には、自覚症状がほとんどありませんが、重症化すると、全身の倦怠感や吐き気、黄疸などの症状が出て肝不全から死に至ることもあります。

薬の量を間違えて飲んでしまった。薬を飲んだら身体に痒みが出たり、吐き気がするなど、調子が悪くなった。

などの事があったら、必ず、症状が起こった日時や状態をメモして、医師に確認しましょう。

また、昼食後の薬や、症状が回復してきたときの薬は飲み忘れてしまう事があります。

その飲み忘れた薬も次に飲むときのまとめて飲むというのは絶対にやめましょう。

一回の服用量が多すぎて副作用が出やすくなってしまいます。

薬を服用する時間も薬の旧雌雄や副作用の面から配慮されているため、必ず用法・用量を守りましょう。

医薬品だけではなく、ハーブなども肝障害の原因となります。

ハーブは健康食品に含まれていることもありますので、心配な場合にはメーカーや医師に確認しましょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<