薬 禁忌

薬の禁忌をよく知っておこう

禁忌や警告の薬は悪い薬では無い

病気になってしまい医師の問診を受けた時に、細かなことまでいろいろと聞かれることかと思います。

この時に「そんなこと関係無いじゃん」「面倒くさいな…早く薬を処方してくれないかな」なんて思ってしまったことはありませんか?

実は細かなことを聞いてくる医師というのは、それだけ貴方の身体のことを考えてくれているのです。

もちろん全ての医師が問診時には様々な質問をしてきます。

「これまでにかかったことのある病気は?」

「今現在薬を服用していますか?またその薬は何ですか?」

「妊娠はしていますか?」

などなどかなりプライベートなことまで質問をしてきます。

これはその医師が処方することとなる薬を決めるためなのです。

薬というのはある条件の人に対しては使用することの出来ないものがあります。

つまり禁忌薬を避けるという重要な意味を問診はもっているのです。

面倒くさいと思い、適当なことを医師に言わないようにしましょう。

正直に身体の異変や過去の病気などを伝えるようにしてください。

禁忌薬と言いましても大きく分けて4つに区分することが出来ます。

まずは「病気禁忌薬」です。

これは特定の病気や病歴を持っている人に対して使用をすることの出来ない薬であり、病気を悪化させてしまったり、重大な副作用を引き起こしてしまうこともあります。

次に「アレルギー禁忌薬」です。

特定の薬にアレルギーや過敏症のある人に対して禁止されることとなる薬です。

喘息など激しい症状を起こしてしまうことがあります。

そして「併用禁忌薬」です。

組み合わせてはいけない薬のこととなります。

薬の持つ作用が減弱してしまったり、副作用が増強してしまうなどといった悪影響を与えてしまう恐れがあります。

最後に「妊婦禁忌薬」です。

つまり妊娠中の女性に対して禁止をしている薬となります。

流産や発育不良、また奇形児などといったお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えてしまう恐れがあります。

このように禁忌薬について自分自身でもある程度把握しておくようにしましょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<